メニュー

プラセンタ治療

プラセンタ療法とは

プラセンタエキスとは動物の胎盤から抽出された成分のことです。
もともと医療現場で用いられ、その高い活性力から化粧品などにも使用されるようになりました。

プラセンタエキスの美肌作用は、母体が赤ちゃんを育てる力によるもので、胎内で赤ちゃんを成長させる神秘のパワーです。

特に、肌に弾力を与える「線維芽細胞」を活性化する力が強く、加齢によって衰えた肌ほどうれしい変化が期待できます。

若返り効果が全身にみられると言うことで、美容外科では使用する施設も増えてきています。

プラセンタは安全な治療法です!

当院で使用するプラセンタは人由来で、肝硬変・肝疾患には保険適応のある医薬品です。

もちろん原料のHIV、B型肝炎、C型肝炎、成人T細胞白血病のウイルス感染をチェックしたうえで、121℃で20分の熱処理を行っているので、安全で す。

投与方法は、週に1〜2回の筋肉注射です。内服薬は朝食前2錠、夕食前1錠です。

副作用は発疹、注射部の硬結など。 ホルモンは一切入っていないのと古くからある薬で安全性は高いです。

効果(個人差があります)

肌がきれいになる

きめ細かく、潤いや張りのある肌になります。

シワが浅くなる

きめ細かく、潤いや張りのある肌となり、表皮の生まれ変わりが早くなります。

シミが薄くなる

メラニン色素のたまった状態で出来たシミを、表皮細胞分裂促進により、皮膚の生まれ変わりが早くなります。

発毛促進効果がある

発毛促進し、頭皮の血行を改善し、することで細い頭髪が硬い頭髪になって毛量を増やします。

簡易脳が改善される

肝細胞の細胞分裂を促進し、アルコールやウイルスで壊され死滅した肝細胞を補充していきます。肝臓の機能を高め、インターフェロ ンを作りだす力が強化されて、病気を改善します。また、お肌は肝臓が疲れるとさえなくなり、プラセンタによって美肌が求められます。

更年期障害による不定愁訴が改善される

更年期障害や自律神経失調症は、体内の内部環境を正常な状態にコントロールするために働く自律神経やホルモンの異常でおこりま す。その為に、いらいらしたり、心臓が異常に拍動したり、手足が冷えたり、のぼせたりします。プラセンタは、体の内部を正常に機能させる力を持っているの で、自律神経の異常を改善したり、ホルモンの分泌を改善します。この為、一時的に月経量が多くなることがあります。

胃潰瘍が改善される

プラセンタには、胎児の皮膚や胃や腸の粘膜組織を作らせるための因子がはいっています。その因子を、上皮細胞増殖因子と言いま す。上皮細胞とは、皮膚の表皮細胞や胃や腸の粘膜細胞のことです。粘膜は増殖して胃潰瘍や十二指腸潰瘍、口内炎などの改善に効果があります。胃潰瘍が改善さされる。

アトピー性皮膚炎が改善される

アトピー性皮膚炎の原因は、皮膚に起こった抗原抗体反応の異常です。抗原抗体反応は、免疫反応ですが、それが皮膚に皮膚炎を起こ してしまう人があります、免疫担当細胞は、リンパ球たちです、因子によって調節を受けて活動したり、増殖したりします。インターロイキンとは、リンパ球の 活動を調節するために刺激伝達物質です。異常な抗原抗体反応によるアトピー性皮膚炎はインターロイキンの作用で改善を受けます。皮膚は修復され、皮膚炎が 治ります。アトピー性皮膚炎が改善される。

神経痛、リウマチ、ぎっくり腰、寝違いなどの痛みを軽減する

プラセンタは抗炎症作用をもっていますので、痛みが軽減されます。神経痛、リウマチ、ぎっくり腰、寝ちがいなどの痛みを軽減す る。

強壮効果がある

プラセンタには、ホルモン分泌のバランスを調整する作用があり、男性には男性ホルモンを、女性には女性ホルモンの分泌を増加させ たり、正常にさせたりします。その結果、男性には強壮効果が発現します。女性では、膣の潤いが増します。

免疫力を高める

免疫力を担当する白血球の分化を行います。増殖を促進する因子です。

老化を防ぎ、若返る

エジプトの女王クレオパトラが、美容のために胎盤を食していたり、秦の始皇帝が不老長寿の秘薬として珍重していたようです。プラ センタは語り継がれてきたが、有効性に着目したのは、旧ソ連のフィラートフ医学博士です。細胞分化誘導因子は、六十兆個の細胞で作られている人間の肉体の 総べての細胞組織、諸器官を活性化させることによって老化を防ぎ、若返らせるという驚異的な力を発揮してくれることになります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME